お金とは何か?

基礎

お金とは、物と物の交換を簡単にするための道具です。

言い換えれば、価値価値を交換する媒介とも言えます。

お金ばかりに目が行きがちですが、価値も同じくらい大切です。

今回はこの2つを、わかりやすく説明いたします。

スポンサーリンク

お金は物々交換を簡単にするための道具

価値の保存機能

お金のメリットの1つは、腐らないことにあります。

魚と野菜で例えてみましょう。

漁師さんが、魚をたくさん貯蔵しています。野菜が必要な時に、貯蔵庫の魚を1匹持って農家へ行きますが……

歩いている間に腐ってしまいました。

さらに、貯蔵している魚も、少しずつ腐っていきますね。

ここでお金の登場です。

漁師さんは貯蔵庫の魚を全て売り、お金に換えます。

お金は保存していても腐る心配もないし、野菜を買いに行く間もお金が腐る心配はありません。

お金は非常に便利ですね。

交換機能

お金は、物と物を交換する便利な道具でもあります。

再び、漁師さんの話をしましょう。

漁師さんが、魚と野菜を交換するために農家へ行きます。しかし農家さんは、魚じゃなくて肉が欲しいと言いました。

そこで漁師さんは、先に山の猟師さんのところで魚と肉を交換し、再び農家さんを訪れて先ほど手に入れた肉と野菜を交換します。

めんどくさいですね。

お金があれば、海の漁師さんは魚を売ってお金に換え、そのお金で農家さんに野菜を買いに行けばいいです。

お金のおかげで簡単に魚と野菜を交換することができます。

価値の尺度機能

魚と野菜を交換しようと思っても、大きさや重さ、鮮度などさまざまな要素があるためなかなかうまく交換できません。

そこで、物に値段をつけます。

魚1匹300円、野菜1つ100円なら、魚1匹と野菜3つで交換できるな、とわかりますね。

値段をつけることで比較することができ、効率よく魚と野菜を交換することができます。

現代の物々交換は価値と価値の交換

現代では物だけでなく、さまざまな価値価値が交換されています。

お金はその価値価値の交換を簡単にしているのです。

お給料をもらって生活するというのは、実は皆さんの労働力という価値と生活に必要な物の価値をお金を介して交換しているということになります。

自分の持っている価値を見出して磨いていこう

価値の高いものが欲しければ、自分も価値の高いものを提供しなければなりません。

つまり、豊かな生活がしたいなら自らの持っている価値を見出して高めていきましょう。会社を大きくしたいのなら社員さんの持っている価値や商品の価値を最大限に引き出しましょう、ということです。

お金に最大の価値を見出すことは危険です。なぜなら、お金の価値がなくなってしまう可能性はゼロではないからです。

お金こそ最大の価値であると考えて自らが持っている価値を蔑ろにしていると、お金の価値がなくなった時に交換できるものがありません。

あなたの持っている価値が素敵なものなら、たとえお金の価値がなくなったとしてもきっと豊かな生活が送れるでしょう。

まとめ

  1. お金は物と物の交換を簡単にするための道具
  2. 自分の持っている価値を見出し磨いていくことが大切

コメント

  1. かなりあ より:

    自分の価値を高めて誰かの利益になることの対価がお金である。
    と感じた。
    今後は、自分の価値について深く考えていきたい。

    とても参考になったのでコメントさせてもらいました。
    ありがとうございます

    • みみすけ先生 みみすけ先生 より:

      かなりあさん、コメントありがとうございます。

      お金に価値を見出してしまうと、打算的な生き方になりやすいですよね。

      自分が何を与えられることは何か、そのお返しとしてお金を頂いたら
      そのお金で人々に何をしてあげれるのかを考える。

      世界の長者番付上位の方々に共通する考え方だと思います。

  2. ともっち より:

    普段、お金を払っているのは、⦅電車.飲食店.自動販売機.地球.etc.⦆→【自分に対してのサービス】だと気付かされました!

    自分も、自分以外に与えられるサービスは何かを追求する。
    お金で与えられるサービスは無いか考え与えます!(募金)

    • みみすけ先生 みみすけ先生 より:

      ともっちさん、コメントありがとうございます。

      お金に価値を見出す方が多いですが、

      ・人に何を与えてお金を得るか
      ・得たお金をどう生かしていくのか

      が大事だと思います。
      自分も周りの人々も幸せにできる人生は素敵だと思います。

タイトルとURLをコピーしました