投資初心者向け!確定申告が簡単にできる特定口座について解説します

投資初心者向け

「投資を始めたいけど、確定申告って難しそうだしちゃんとできるかな……」

このように、確定申告に不安がある投資初心者は多いと思います。

そんな方は、証券会社で口座を開設するとき「特定口座」を選びましょう。

この記事では特定口座のメリットと注意点をわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

確定申告はなぜ必要なのか

私たちは所得にかかる税金を納めなければなりません。

もちろん投資で利益で得た場合も税金がかかります。税率は一律で20.315%です。

会社員であれば、あらかじめ税金が天引きされた状態で給料を受け取りますよね。

しかし投資で得た利益の場合は自分で確定申告して税金を納めます。

証券会社は、私たちの確定申告をサポートするために2種類の口座を用意しています。

投資初心者におすすめな特定口座

特定口座とは、私たちが投資で得た利益や損失を計算してくれたり、私たちの代わりに税務署に納税してくれる口座です。

特定口座を利用することで、私たちは確定申告を簡略化したり省略することができます。

ですので投資初心者の方は特定口座の開設をおすすめします。

特定口座にはあらかじめ税金を天引きする「源泉徴収あり」と、税金が天引きされない「源泉徴収なし」の2つのタイプがあります。

源泉徴収あり

源泉徴収ありの場合は、給料と同じように証券会社があらかじめ税金を天引きします。

ですから私たちは確定申告する必要がありません。

証券会社が私たちの投資で得た利益と損失を計算して税務署に税金を納めてくれます。

確定申告の仕方がわからないという人向けですね。

しかしデメリットもあります。

会社員の場合なら、投資で得た売却益が年間で20万円以内ならば税金はかかりません。

しかし源泉徴収ありにした場合は自動的に税金が天引きされます。

天引きされた税金は戻ってきません。

源泉徴収なし

源泉徴収なしの場合、会社員の場合なら年間の売却益が20万円以下だと税金を支払う必要がありません。また、確定申告もしなくていいです。

しかし、年間の売却益が20万円を超えると確定申告しなければなりません。

ただ、証券会社が年間の利益と損失を計算した「年間取引報告書」を作成してくれるので、簡単に確定申告ができます。

一般口座

一般口座の場合はすべて自分で納税手続きをしなければなりません。

取引の度にみなさんに送られてくる「取引報告書」を利用して年間の利益と損失を自分で計算し、確定申告します。

投資初心者が一般口座を開設するメリットはありません。

損益通算を利用して節税しよう

源泉徴収ありの特定口座の場合でも、確定申告した方が良いときもあります。

取引の利益と損失を相殺する「損益通算」があるからです。

確定申告した方が良いパターンを2つ紹介します。

複数口座での損益通算

複数の証券会社で特定口座を持っている場合、源泉徴収ありにしていても確定申告した方がいいケースがあります。

例えば、源泉徴収ありの特定口座Aで50万円の利益が出ていたとします。しかし源泉徴収ありの特定口座Bでは50万円の損失があります。

合計すると利益は0円なので税金を支払う必要がありません。しかし源泉徴収ありの特定口座Aでは利益の20%の10万円が源泉徴収されてしまいます。この場合は確定申告すると10万円が戻ってきますね。

複数の年での損益通算

複数の年にまたがって運用するときも、確定申告した方がいいです。

なぜなら投資での損失は3年間まで繰り越すことができるからです。

例えば、1年目に50万円の損失があり、2年目に50万円の利益があったとします。2年間の利益の合計は0円なので税金を納める必要はありませんよね。しかし源泉徴収ありの特定口座だと、2年目の利益の20%である10万円が自動的に源泉徴収されてしまいます。

この場合は確定申告すると10万円が戻ってきます。

まとめ

  • 投資で利益を得た場合は確定申告する必要があります
  • 投資初心者は特定口座を開設すると確定申告が簡単になったり、省略することができます
  • 源泉徴収ありの特定口座でも、確定申告した方が良い場合があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました