スタートアップ投資とは?クラウドファンディングで身近に!

投資とは?

「スタートアップに投資したいけど、個人でも投資できるのだろうか?」と思っている方は多いと思います。

実は、クラウドファンディングの流行とともに個人でも少額からスタートアップ企業に投資することが可能となりました。

この記事では、スタートアップ投資をわかりやすく解説し、さらにスタートアップ投資のメリットとデメリットをお伝えします。

スポンサーリンク

スタートアップとは?

最近はスタートアップという言葉をよく耳にします。スタートアップとは、以下の3つの特徴がある企業のことを指します。

  1. 社会の問題を解決し、世の中をもっと便利にすることを目的とする
  2. 従来にない新しいビジネスモデルを生み出す
  3. 短期間で急速な成長を目指す

Googleがスタートアップ企業の良い例ですね。従来の検索エンジンは、例えば「スタートアップ」と検索すると、記事の中に「スタートアップ」という単語が多く含まれている順に上から表示されていました。そこでGoogleは、ユーザーの求めている内容に合ったウェブページを最適に表示する検索エンジンを構築するために事業を開始し、短期間で実現しました。

従来のスタートアップ投資

  • 大企業がスタートアップ企業と協力して事業を広げて行くために、スタートアップ企業に投資する
  • エンジェル投資家と呼ばれる大きな資産を持つ個人の投資家が、資金面や精神面をサポートするためにスタートアップ企業に投資する

スタートアップ企業は投資先から大きな資金を調達し、また事業に関してアドバイスを受けながら成長していきます。

現在のスタートアップ投資

個人でスタートアップ企業に投資するには、エンジェル投資家となりスタートアップ企業と直接連絡を取り合うか、マッチングサイトなどを通してスタートアップ企業に投資するしか方法がありませんでした。

しかし現在はクラウドファンディングを利用することで、みなさんもスタートアップ企業に投資できます。

少額からでも投資が可能となり、リターンとして商品や株式を受け取ることができます。

これまで一般的にはなじみがなかったスタートアップ投資が、クラウドファンディングの流行により身近な投資になりました。

スタートアップの起業を考えている人にとっては資金を手に入れるための選択肢が増えます。また、投資を考えている人にとっては投資先の選択肢が広がったのですね。

お金を集めたり投資する場合、選択肢は多い方がいいです。以下の記事で選択肢を増やすメリットを紹介してます。

お金持ちの考え方を知ろう

スタートアップ投資のメリット

GoogleやFacebookは、私たちの生活に革命的な変化をもたらすほど便利なツールを開発しました。スタートアップ投資をすることで、GoogleやFacebookのような企業と投資という形で関わることができます。また、クラウドファンディングを利用することでこれまで購入できなかったスタートアップ企業の株式を手に入れることができます。スタートアップ企業が成長したタイミングで株式を売却すれば大きな利益を得ることができます。

スタートアップ投資のデメリット

スタートアップ投資は、成功すればリターンは大きいですが、成功率が低いためリスクの高い投資となります。GoogleやFacebookのような成功事例ばかりがメディアで大きく取り上げられますが、その裏では失敗してクローズしたスタートアップ企業もたくさん存在します。スタートアップの成功率は約10%とかなり低い水準です。

まとめ

クラウドファンディングの普及により、個人でも少額からスタートアップ投資が可能になりました。

ただし、スタートアップの成功率は低いのでハイリスクな投資となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました