投資における心理学を本で学ぼう!おすすめの6冊を紹介【必読です】

投資

投資においてとても大切な「心理学」を学べるおすすめの本を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ投資において心理学が重要なのか

「投資で成功するには、心理学を勉強する必要があるのではないか?」

この記事にたどり着いたあなたはそう考えてるはずです。

私もさまざまな投資手法を試しては失敗、試しては失敗を繰り返すうちに、原因は自分の心理状態にあるのではないかと考えるようになりました。

どんなに優れた手法を持っていても、精神の安定がなければ投資では失敗します。

しかし心理学を学ぶといっても、何から学べば良いのかわかりませんよね?

そこで心理学を学んで安定した利益を出せるようになった私が、実際に読んでみて役に立った本を紹介します。

投資における心理学を学ぶおすすめ本6選

投資苑2

投資苑2 トレーディングルームにようこそ (ウィザードブックシリーズ)

名著「投資苑」の続編です。

相場の分析に関する内容がメインだった「投資苑」に対し、「投資苑2」は投資家の心理について触れています。

投資において市場から「カモ」にされないために必要な

  1. マインド(心理)
  2. メソッド(方法)
  3. マネー(資金)

の3つのを解説し、投資家としての成長を助けてくれる一冊です。

人間の心理の弱さを克服して、機械的な投資をしたい方におすすめです。

ゾーン~「勝つ」相場心理学入門

ゾーン — 相場心理学入門

本書の前半では「なぜ投資家は相場から退場させられるのか」を心理学の観点から分析しています。

そして後半では、具体的に感情をコントロールする技術を学び、邪念がなく落ち着いた静かな心境(ゾーン)を手に入れることを目標としています。

分析やノウハウもとても詳しく解説しているので、読みやすい内容になっています。

トレードのストレス解消法

トレードのストレス解消法

トレードに役立つ内容なのはもちろんのこと、投資や日常生活にネガティブな影響を及ぼす「怒り」の感情を克服する方法を教えてくれます。

また、歴史上の人物のエピソードを用いて投資家としての成長を助けてくれる内容は必読です。

なるべく簡単な表現で説明しており、3時間程度で読めます。

しかし内容は充実しており、あなたの投資をより良い方向へ導いてくれる一冊となっています。

魔術師たちの心理学

新版 魔術師たちの心理学―トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザードブックシリーズ)

心理という曖昧な言葉を、資金管理やシステムを使ってかなり具体的に解説してくれる本です。

特に資金管理についてはかなり細かく書いており、資金管理が甘い方にはお勧めの一冊となります。

相場に対しては柔軟な考え方が必要ですが、資金管理や心理状態に関しては厳格なルールを作ったほうがいいですよね。

しっかりとした投資ルールを身につけたい方には必読の本です。

一流の投資家はなぜ、メンタルを大切にするのか?

一流の投資家はなぜ、メンタルを大切にするのか?

投資家自身の心理だけでなく、相場に関わる大衆の心理まで解説してくれる本です。

投資への取り組みを人間としての成長に生かすことについても書かれており、投資に興味のない方にもぜひ読んでほしい一冊となります。

また心理学だけでなく、相場の分析に関してもかなり詳しく解説しているので、もう一度ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析学び直したい方にも役に立つ本となります。

バフェットとソロス 勝利の投資学

バフェットとソロス 勝利の投資学

「オハマの賢人」と呼ばれるウォーレン・バフェットと「イングランド銀行を潰した男」ジョージ・ソロスの投資を比較して共通点を探るという内容の本です。

伝説の投資家2人も心理が大切だと説いており、やはり投資において心理学は重要だと認識させられる一冊となっております。

2人の投資家としての考え方を学べるので、読み物としても面白い内容になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました