学歴と年収が関係ない時代が来る【これからは専門性とGive】

基礎

「高学歴じゃないと年収は上がらないのだろうか…」と不安に思う方も多いと思います。

たしかに、今の時代は会社員なら高学歴の方が有利です。

しかし、これからの時代は学歴よりも専門性が重視されていくと考えられます。

この記事ではなぜ専門性が重視されていくのかを解説し、さらに年収を上げる方法も紹介します。

記事を読み終えると、あなたは学歴よりも大切なものを知ることができます。

スポンサーリンク

「学歴と年収は関係ない」はホント?

結論から言うと、会社員の場合は学歴と年収は関係あります。

しかし独立すれば関係ありません。

会社員の場合

昔ほどではないですが、今でも学歴が高い方が年収も高い傾向にあります。

私は地方の旧帝国大学に通っていましたが、理系の同期は推薦でどんどん大企業への就職が決まっていました。

文系でも地元での就職はかなり強いですね。

出世に関しても、学歴が高い方が有利な企業はまだ多いそうです。

もちろん例外もたくさんあります。

ベンチャー企業などは学歴よりもスキル重視の場合が多いです。

現在は少しずつ学歴よりも仕事の成果が評価されるようにはなっているそうですが…

独立する場合

私は就職することなく独立しました。

独立するとぶっちゃけ学歴は関係ありません。

そもそも一緒に仕事する人たちと学歴の話になることもないです。

私の周りで成功してる人たちも、そこまで学歴は高くないです。

もし学歴にコンプレックスを抱いているのなら、独立すると学歴に関する悩みがなくなるかもしれません。

学歴と年収が関係ない時代が来る

日本が手本としているアメリカを見てみると、学歴と年収が関係ない時代が来ると予測されます。

フリーランスが増える

アメリカではフリーランスが増えています。

フリーランスとは?

フリーランスとは、企業に所属せずに個人で仕事を受ける人のことを言います。

たとえば個人でウェブサイトの作成を受注するプログラマーだったり、記事の作成を受注するライターなどがフリーランスの例ですね。

アメリカでのフリーランスの割合

アメリカではなんと労働人口の35%がフリーランスです。

それに対して日本は、労働人口の17%しかフリーランスはいません。

しかしアメリカも日本もフリーランスは年々増えていますね。

フリーランスは増えていく

自分の好きな時間に仕事をしたいと考えるのは自然なことですよね。

インターネットが普及したことで仕事を受けやすくなったのもフリーランスが増えている大きな理由だと思います。

今後ともフリーランスが増えていく可能性は大いにあるでしょう。

スタートアップが増える

スタートアップもアメリカでは増えています。

スタートアップとは?

スタートアップとは、以下の3つの特徴がある企業のことを指します。

  1. 社会の問題を解決し、世の中をもっと便利にすることを目的とする
  2. 従来にない新しいビジネスモデルを生み出す
  3. 短期間で急速な成長を目指す

Googleがスタートアップの代表ですね。

「キーワードを検索すると、お客様の悩みを解決できる検索エンジンを作るんだ!」という信念のもとに専門技術を持った人々が集まったのがGoogleです。

スタートアップは、大企業と違って目的を達成すると会社を売却し、売却で得た資金で次の事業にいくケースが多いです。

日本ではメルカリがスタートアップの代表です。

アメリカでのスタートアップの人気

アメリカでは35%の学生がスタートアップで働きたいと答えます。

それに対して大企業で働きたいと答える学生は15%しかいません。

スタートアップが人気な理由は仕事の「やりがい」ですね。

日本でも、スタートアップの人気はこれから上がっていくと予想されます。

専門性が大事になる

フリーランスになるのも、スタートアップに就職するのも求められるのは専門性です。

日本でフリーランスとスタートアップが主流になると、学歴よりも専門性が大切になっていくでしょう。

今の時点で学歴が高い方も低い方も、専門性を身につけていくと選択肢がどんどん広がっていきます。

学歴よりも何をGiveできるのか

世の中の仕組みとして、人々にGiveすると収入を得ることができます。

学歴でGiveできること

学歴でGiveできることって、実はそんなに多くないです。

あるとすれば信用でしょうか。

「良い大学を卒業したから優秀だろう」という信用ですね。

でも学歴による信用が永遠に続くわけではありません。

ですから学歴以外のものでGiveする努力が必要になってきます。

Giveすれば年収は上がる

会社員の方なら、会社に労働力をGiveすることでお給料を貰っていますよね。

企業やフリーランスも、人々にGiveすることで収入を得ています。

もしあなたが年収をあげたいのなら

  • もっとたくさんGiveする
  • もっと良いものをGiveする

この2つの努力を続けなければなりません。

もっとたくさんGiveする

「もっとたくさんGiveするって、もっと働けってこと?」

たしかに今よりも長時間働けば、Giveも増えて年収は上がるかもしれません。

しかし長時間働くことでGiveを増やそうとするのは大変です。

なぜなら人の1日は24時間と上限が決まっているからですね。

無理して長時間働くと身体を壊す心配もあります。

そこでもっとたくさんGiveするために、Giveする範囲を広げてみましょう。

たとえば私の場合はこのブログを使うことで、たくさんの人に情報を発信しています。

インターネットをうまく利用すればたくさんの人にGiveできますね。

企業もインターネットを利用したり、店舗を増やすことでたくさんのGiveをしています。

もっとたくさんGiveする方法を考えてみましょう。

もっと良いものをGiveする

もっと良いものをGiveするなら、自己投資をしましょう。

  • 本を読んで知識を深める
  • 成功者と会いマインドを学ぶ
  • 仲間と議論して思考力を身につける
  • 旅に出てさまざまな価値観に触れる
  • セミナーに参加して専門性を身につける

このような自己投資をして、たくさんの経験を積むことが大切です。

たくさんの経験を積むと、あなたの持っている価値がどんどん磨かれていき、もっと良いものをGiveできるようになります。

まとめ

学歴と年収は、会社員の場合だと関係があります。独立した場合は関係ありません。

しかし将来的にはフリーランスやスタートアップが増えていき、学歴よりも専門性が重視されていくと考えられます。

もしあなたが年収を上げたいのなら、学歴ではなくもっとたくさんGiveをすること、もっと良いものをGiveすることを意識しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました