20代は仕事の目標を「自分らしい生き方」に置くべき【自己実現】

基礎

「20代は仕事の目標をどう決めればいいのだろう…」と悩んでいませんか?

実は、20代の方は仕事の目標を年収や出世にしない方がいいです。

なぜなら、年収や出世を目標にすることは自己否定につながるおそれがあるからですね。

この記事では、前半は20代投資家という変わった経歴を持つ私の仕事の目標を紹介し、後半は自己実現を仕事の目標にした方がいい理由を解説します。

この記事を読み終えると、仕事の目標に対して新たな視点を持てると思います。

スポンサーリンク

20代の仕事の目標は「自由」と「貢献」

現在26歳の私の仕事の目標は「自由」と「貢献」です。

現在の仕事

私の現在の仕事を紹介します。

  • トレーダー
  • お金に関する情報を発信
  • 金融教育向けの教材を作成

20代の仕事としては変わってるかもしれませんね。

トレーダー

主に株式やFXで中期売買をしております。

数え切れないくらいの失敗をしてきましたが、今は安定して利益を出せるようになっています。

バイト代をつぎ込んでは全て無くなるを何度も繰り返した経験があるので、あまり人に薦められる仕事ではありませんが……

利益を出せるようになった頃には、お金への執着も消え、アスリートのような精神を身につけられたのでトレーダーになってよかったなと思います。

私の投資の失敗談はこちらをご覧ください。

投資初心者にありがちな6つの失敗とその対策を丁寧に解説
投資初心者の陥りやすい失敗を知りたいですか?本記事では具体的な失敗談と対策について解説します。投資初心者は必見です。

お金に関する情報を発信

このブログが「お金に関する情報発信」の一つですね。

20代投資家のお金に対する考え方は、同年代にとっておもしろいのではないか?と思ってブログを書いてます。

このブログが資産になれば私の目標である「自由」に一歩近づきます。

またこのブログに興味を持ってくれた方々のお金に対する考え方に少しでも影響を与えられたら、「貢献」にもなるのかなと考えて発信しています。

金融教育向けの教材

まだ製作段階ですが、子供向けのお金の教材を作っています。

日本ではお金の授業がないので、学校以外でお金を学べる場所や教材を作り、子供たちに正しいお金の知識を身につけてほしいと思っています。

この仕事はやりがいがあるので一生続けたいですね。

自由を手に入れるために

好きな時間に好きな仕事をするのが私の大きな目標です。

しかし今はお金も足りないし、ホントはやりたくない仕事もちょこちょこやっている状況です。

「みんなやりたくない仕事をやってるんだよ」とお叱りを受けそうですが、私はやりたいことをやるために全力で仕事に取り組んでいます。

具体的なビジョン

ほぼすべての仕事を個人でしているため、

  • しっかりとレバレッジをかける
  • コストをできるだけ削減する
  • 時間もできるだけ有効活用する

この3つを意識して事業拡大を目指します。

レバレッジをかけるためにはインターネットをうまく使うことが大切ですね。

個人でビジネスをするならレバレッジは大切です。

なるべく多くの人に情報をお届けするために、SNSも駆使していこうと思います。

あとはネットビジネスの利点であるコストの安さを生かしつつ、時間も有効活用して作業効率を上げていこうと思います。

社会に貢献するために

将来的にはエンジェル投資をしたいと思います。

エンジェル投資をしたいと思ったきっかけは、大学の同期からスタートアップ企業を立ち上げるために資金が必要だという話を聞いたからです。

世の中をもっと便利にしたいと思って起業しても、資金が足りずにやりたい仕事ができない人もたくさんいます。

そんな人たちの資金調達を助け、コンサルもできれば私の目標である「貢献」ができるかなと考えたからです。

具体的なビジョン

エンジェル投資をするには、クラウドファンディングを利用する方法があります。

しかし、リアルなつながりからスタートアップ企業と出会い、投資の話が進むケースも多いです。

エンジェル投資をするには人脈が必要ですね。

今の仕事をしっかりとやり遂げることで信用を獲得して、さらに人脈を広げていきたいと考えています。

20代の仕事の目標は生き方で決めるべき

20代の方は年収や出世ではなく、生き方で仕事の目標を決めましょう。

お金を目標にしない

年収〇〇円とか、金融資産〇〇円を労働力で達成しようとすると、精神的につらいと思います。

残業はしないといけないし、副業として労働を追加すると体を壊しますね。

また、目標を達成したとしても満足できないと思います。

次はもっと稼ごうと思って自分を追い込み、ストレスが溜まって病気になるおそれもあります。

お金を仕事の目標にするのはやめましょう。

ステータスを目標にしない

ステータスを仕事の目標にすると、人間関係に悪い影響を及ぼすかもしれません。

実際に人は権力を持つと視野が狭くなり、傲慢になっていくという研究結果があります。

また出世争いに敗れ、うつ病になって精神科に通う患者さんも多いそうです。

常にステータスに見合った生活をしなければと考えてしまい、ストレスを溜める方も多いでしょう。

ステータスを仕事の目標にするのはやめた方がいいです。

生き方を目標にしよう

20代の方は、仕事の目標を「生き方」で決めた方がいいと思います。

つまり、承認欲求ではなく、自己実現欲求を満たすことを目標にすべきということです。

承認欲求

人に認められたい、人に嫌われたくないといった欲求を「承認欲求」といいます。

誰もが承認欲求を持っていますが、あまりにも強い承認欲求は自己否定につながってしまいます。

仕事の目標をお金やステータスにすることで承認欲求が強くなりやすいです。

そうすると自分よりお金を持ってる人や、自分よりステータスの高い人に対して劣等感を感じてしまい、ストレスを抱え込んでしまいます。

自己実現欲求

自己実現欲求とは、自分らしく生きたいという欲求です。

仕事の目標を自己実現にすると、仕事にやりがいを感じられるようになります。

たとえばわたしの場合なら、仕事の目標の一つが「貢献」です。

社会貢献のためにやっている金融教育向けの教材を作っているときは仕事のやりがいを強く感じますね。

少しずつ承認欲求から自己実現欲求へ

承認欲求も仕事のモチベーションになりますが、承認欲求を満たすためだけに仕事を続けるのは苦しいです。

とは言っても、20代の頃から好きな仕事だけをやるのは難しいかもしれません。

大きな目標を自己実現に置きながら仕事をすることで、自分らしい生き方に少しずつ近づいていけると思います。

まとめ

前半は私の仕事の目標を紹介しました。

「こんな考え方もあるんだ〜」と20代の方に思っていただけると嬉しいです。

後半では20代の頃は仕事の目標を生き方で決めた方がいい理由について紹介しています。

仕事の目標を承認欲求ではなく、自己実現欲求で決めた方が人生は楽しくなると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました